デビル・クロニクル(4)獄中の共犯者 (無頼書院)

天野佑海 (著)

暗黒官能極道BL小説「デビル・クロニクル」
身も心も蕩けるエロスと、容赦の無いバイオレンス。 血よりも濃いヤクザの絆は、非情な因果律さえをも覆す。 「天魔」と「閻魔」を巡る「魔の年代史」──。
……………… 牧師を夢見た少年はなぜ殺人を犯したのか?  死んだ母親の一滴の乳も出ない乳首を吸いながら泣いていた赤ん坊はなぜ少年極道になったのか? 時代に翻弄された降魔一族の数奇な運命と、自ら修羅の道を選んだ少年達の切なく哀しき守子唄。 ……………… 頭の中に響く潮騒。そして、鼻孔を満たす海の匂い──。 社会から海で隔絶された久里浜少年院の塀の中で、千優の身に一体何があったのか? 久里浜少年院に赴任した新拝命の法務教官の謎の自殺。 そして、恐るべき「ハト」の群れ。 魑魅魍魎が跋扈する「ハト」の巣で生き抜く為、千優が抱いた悲愴な覚悟とは? すべての記憶を取り戻した千優を待っていたのは、残酷な真実と現実、そして──選択だった。 千優が最後に選択したものは──。
・2019年4月13日 発行 ・2019年7月20日 第2版 ・2019年10月17日 第3版

kindle Unlimited無料読み放題対象 666円

著者レーベル

※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事