春告夜抄 Kindle版

梅壱(著)

貧困ゆえに花街へ売られてしまった青年、ハル。彼の幼馴染である喜壱(キイチ)は若くして都一番の仏師となり世間にその名を轟(とどろ)かせていたが、しばしば花街のハルのもとを訪れていた。桜の舞う春の夜、ハルは喜壱から「ここへ来るのは今夜が最後だ」と告げられる。喜壱の真意とは。江戸の遊郭を舞台にした和風恋物語。ハピエンですが一部残酷描写が含まれます。

さくら怜音様主催の同人誌「黒髪ドSアンソロジー(2019年春販売)※完売済」掲載作品です。題字は310様からいただきました。

255円 /kindle Unlimited無料読み放題対象

著者レーベル

※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事