年下アルファはタダではしてくれません: 年下アルファがラブを強要してきます2 Kindle版

谷村二十円 (著)

『あと9回、あなたのヒートの時にせいいっぱい気持ちよくしてあげますから。10回目からはただではしてあげません。俺の番になってください』 初めて想いを通わせた夜、彼はベッドでそう言った。 あれから10か月、俺はそのことをすっかり忘れていたけれど……。 番になるか別れるか、恋人から選択を迫られる男・卯花(うのはな)ユウト。三十路のオメガ。 その恋人は入社2年目の24歳。若くて優秀な年下アルファ・伊能秋成(いのう あきなり)。 恋人に翻弄されっぱなしのユウトにさらなる問題が降りかかる。 『分かった、言っちゃうね! 運命の相手が見つかったのは卯花くんで、そこから導き出される結論として、伊能くんの運命の相手もあなたではなかったわ』 そんなドクターの爆弾発言により、難しい恋人関係が“運命の番”を交えた三角関係に。 「……ってわけで、浮気しようなんて気持ちは1ミリもなかったんだ!」 「俺と番になったら、二度と浮気なんてできなくなるからまあいいです」 「君が年下君に疲れたら、僕のところに来てくれてもいいんだよ? 僕のことは都合のいい相手だと思ってもらって構わない」

アルファたちの本音と建て前が入り乱れる中、ユウトの“運命”はどこに行き着くのか!? オメガバースなラブコメディです。 *** 【攻・α】有能な若手会社員 × 【受・Ω】自称オッサンな三十路会社員

キーワード:【年下攻め】【年の差】【リーマン】【エロきゅん】【敬語攻め】【執着】【溺愛】【オメガバース】【オフィスラブ】【現代】

kindle Unlimited無料読み放題対象  300円

著者レーベル

※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事