愚者に華燭と弔鐘を

二一  (著), 伊藤モネ (イラスト)

寒川須弥はどこにでもいるただの高校生だ。
ただ、血の繋がらない同じ歳の兄・塁がいることが普通とは少し違っている。

近所に住む実の兄のように慕っている七生は、夜の街で風俗店を営んでいて、少し怖くてそれから優しい。

塁が死んだ日、須弥は一通の真っ赤な封筒を拾った。
兄と須弥の写真が貼り付けられた便せんを、須弥は兄とともに燃やす。

それは、死者と婚姻を結ぶためのまじない。
須弥は死んだ兄に嫁がされる。

「さぁ、初夜を始めようか――」

死んだはずの兄との交接。
それから、怖くて優しい七生の執着。

1100円/kindle Unlimited無料読み放題対象

著者レーベル

※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事