炎と氷、太陽と月、赤と青――対極の彼らは、いつしか手を携えて。

◆『左遷太守と不遜補佐』シリーズ第三巻◆

 想いを通わせた赤伯と青明の元に、二つの勅が下される。
 一つは赤伯の太守任地の異動命令、
 そしてもう一つは――青明の太守補佐復帰を命ずるものだった。

 再び太守と補佐として歩み出す彼らが向かうは、湯治で栄える地方都市。
 青明は偶然にも旧友・緑寧と再会するが、賑やかな暮らしの裏で囁かれる
 「人攫い」の噂に彼が関係しているらしく……。

真っ直ぐ一途な青年×冷静で小言好きな青年のボーイミーツボーイ的・アジアン風ボーイズラブ。
シリーズ三作目ですが、単体でも読めるかと思います。
※メインカップリング以外の描写がございます。(国王×メインキャラの兄)

hyoshi-a79fd18e
  • https://amzn.to/3kvqwyu
  • 佐竹梅子(著) HATOU(表紙)
  • 2020/11/11
  • 580
  • 対象
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事