1928年(昭和3年)。北京で諜報と情報収集の任務につく柚木実充(ゆぎ・さねみつ)陸軍大尉の前に、因縁の同期・南泉が突然『上官』として赴任してくる。
そのころ実充は本国の方針に反する、とある危険な裏工作に手を染めていた。
参謀本部一のクールな英才・南泉が送り込まれてきたのはなぜか?

南泉は3年ぶりの再会早々、銃口を突きつけ不敵に笑う。
「隠しても無駄だ。例の件で本国に送還されたくなければ黙って寝台へ行け……ミツ」
この男は容姿端麗の秀才ながら、陸幼時代からたびたび実充に『念友関係』を強要してきたドS鬼畜だった!
……そしてその行動、やっぱり裏工作の証拠を上げに来ているとしか思えなくて!?

「国益を思えばこそ」独断専行の実充と、それを逆手に取る南泉。
互いの腹を探り合い、意地と論理をぶつけ合うハードな諜報戦!
歴史的重大事件を背景に、駐在武官たちの知られざる暗躍を描いた硬派な陸軍青年将校BL。

(※この物語は史実をベースにしたフィクションであり実在の人物・団体とは関係ありません)

Kindle用本編表紙jpg-ff89377e
  • https://amzn.to/2UMBjdr
  • 佐宗 操(著) 倉津(イラスト)
  • 2020/10/31
  • 690円
  • 対象
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事