「っ……、最悪……」

「え? どうしました?」

「いや、なんでもないです。着いたら教えてください」

午前二時。タクシーの後部座席で、高梨一哉《たかなしかずや》は頭を抱えていた。

二十年来の親友である伊神久志《いがみひさし》に、友人として持つべきものではない感覚を覚えたからだ。
いつも通りに飲みに行って、いつも通りにたわいもない話をして、またなと言って帰るはずだった。
それなのに、ピタリと身体をくっつけてくる伊神に、妙な感覚を感じた。

「あいつ以外なら誰でも……」
伊神以外だったら、本当に誰でも良かった。
たとえ男が好きでも関係ないと思っていた。
それなのに……。

※前半は高梨一哉視点。後半は伊神久志視点。同じ物語を含めたお話を両方の視点で楽しむことが出来ます。
攻め視点と受け視点の両方をお楽しみください。

a-a4b1e723

  • https://amzn.to/3jIqNiX
  • 東 紗鋳樹(著) いぬねここ(イラスト)
  • 2020/09/19
  • 549
  • 対象
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事