「いいなあ、好きなひとが俺のことを好きって……」(シロツメクサの恋人)
「おまえの望みだったら、なんだって俺の望みだよ」(吠える冬吾にけしかける)
「一日デートしたくらいでそんなこと言うな。こんな日が当たり前になるくらい、俺がもっと、生きててよかったって思わせてやるから。もっと、たくさん」(旅をする冬吾の新しい同居人)
「これからはきっと、俺があんたを守るから。 期待していいよ」(桜降る春の冬吾の卒業式)
「えっとだから、……プロポーズみたいな。女みたいなプレゼントで、嫌だったらごめんな。つけなくてもいいし、あれだったら、受け取らなくてもいいから」(夜に漂うふたりのやさしい誕生日)
「大好きだよ、修二さん。こうやってそばにいられるのが、俺は一番幸せだ」(ふたりの浅い夏の夜)

初詣、遅く帰ってきた夜、水族館に動物園デート、誕生日に卒業式……。社会派ヒューマン・ボーイズラブ「兎を見て冬吾を放つ」で付き合い出した十六歳差のふたりの、本編終了直後から十一年後までの、穏やかで幸せな日々を描いた番外短編集。

5D6FE033-328B-48DC-87C3-CAE4A4A0DBE5-95f47c13
  • https://amzn.to/3g0YH1F
  • 楢川えりか(著)晶之助(イラスト)
  • 2021/8/6
  • 250
  • 対象
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事