【たて書き版】
気がつかなかったんだ、君が常軌を逸した形で
私に想いを寄せていたということに――

忙しなく忙しなく日々を過ごす人々の姿を
仲間の木々たちと見守りながら存在する木の精霊。
それが私だった。
そう、あの日、小さな君に話しかけられるまでは。

【閲覧ご注意点】
1:学生(攻)と人外(受)の禁断の恋の行方。
2:切ない系ラブストーリーです。
3:一人称です。
4:短編です。

※今回は笑えるBLではないので「たて書き」です。
キュンとくる801(ヤオイ)が好きという方に読んで頂きたいです。
よろしくお願いします。

-2-f235cb32
  • https://amzn.to/3Ob1CnN
  • 壱度木里乃(著)  ミラクル☆モリワキ(イラスト)
  • 2022/03/30
  • 108
  • 対象
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事