――それからの二人の幸せな、なんでもない日々のお話。

『主計くんと純名さん 乳酸菌飲料の配達員さんはキレイなおにいさんでした。』で無事にハッピーエンドを迎えた主計と純名の短編四本を収録。
※この作品は攻めキャラクターの赤面や喘ぎ、積極的な受けキャラクターが多分に含まれております。

・きょうだいごっこ
 主計の友人を招くことになった二人は、その日いち日、兄弟を演じることになる。
 「ほーら、お兄ちゃんのところにおいで」

・主計くん、お電話です
 ソファーでじゃれあいはじめたその時、主計の電話が鳴り……。
 「電話してきたってことは、急ぎなんじゃない?」

・キスはアップルパイの前に
 デート兼買い物の帰り道、純名を引き留めたのは、彼の高校時代の友人だった。
 「ああ、同窓会……俺は予定あってさ。行かないんだ」

・初めての×××
 いつも純名に押されてばかりの主計は、勢いであるものを買ってしまうが……。
 「だからって……よりによっておもちゃ買うなよー!」

yotuba-min-5e79735f
  • https://amzn.to/3sDN1Ik
  • 佐竹梅子(著) アサツミヒロイ(表紙)
  • 2022/05/15
  • 99
  • 対象
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事