四月一日。二十歳の誕生日。 目が覚めた時、やたらと喉が渇いて紅月瑛麻《あかつきえま》は冷蔵庫に向かった。 麦茶を飲んでも水を飲んでもなんだかまだ喉が渇いている。母親の千草《ちぐさ》に炭酸でもないのかと声をかけたら、小さな入れ物に入った液体を手渡された。 それを飲み干してみたら、不思議と喉の渇きが落ち着いた。 そして、千草に言われたのだ。 「あんたはヴァンパイアやで」と。 いきなりそんなことを言われても信じられるわけがない。千草の冗談だろうと思って軽く流して出かけた瑛麻だったが、その夜自宅に帰って自分がヴァンパイアであると言った千草の言葉が真実であったことを知る。

関西弁キャラがお好きな方にも♬

1-9e37da29
  • https://amzn.to/3PRBRcD
  • 東 紗鋳樹(著) 飛好璃子(表紙イラスト)
  • 2022/7/27
  • 699
  • 対象
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事