「喪失と諦めは、遅かれ早かれ、生きていたら必ず降りかかることだよ。
手に入らないものを諦められないあなたはかわいいけれど、人間の美しさはどうしようもないものを受け入れて、それでも生きていくところにあるのだと。最近俺は思うんだ」
ケニア・ナイロビにある高祖父の屋敷に住むダニエルは、英国貴族グラニスター侯爵家の次男で、大学一年生。十二歳上の学芸員のリュカと、運命の再会を果たし恋人になったばかりだ。
クリスマス休暇。ダニエルは夭逝した大伯父の手記を見つけ、時を同じくして大伯父の夢を見るようになる。ふたりは大伯父の最期を知るために、伝説と信仰の国、エチオピアに向かう。現地でのんびりできたのも束の間、ふたりは別行動に。恋人と離れたダニエルは、様々なトラブルに巻き込まれ……。

『アフリカ夜想曲』アーサーの玄孫・ダニエルとその恋人リュカが、生涯を通じて真実の愛と避けられない運命について知ってゆく話です。(『アフリカ夜想曲』未読でも理解に問題なく、ネタバレもありません)
真実の愛の話ですが、死別、リバ、主人公の恋人の過去の恋人との話など、地雷がある方はご注意ください。

01AA04CA-742F-4F61-B472-81D79E4A204C-95bd311a
  • https://amzn.to/3crFoww
  • 楢川えりか
  • 2021/6/4
  • 400
  • 対象
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事