水龍要塞、それは小さな島にある違法建築群の通称だ。

そこは本土の法律が届かない無法地帯であり、独自の自治を築いている。

ある暑い夏の日――。

うだつの上がらない探偵・トーノのもとに、一件の依頼が舞い込んだ。

「失踪した娘の奥歯が届けられた――娘の死体を探して欲しい」

ときを同じくして、水龍要塞を取りまとめ組織のうちのひとつ、ジウがリーダーを務める玄冥会の構成員がひとり姿を消し、その女のところに人間の奥歯が届けられた。

そして、リオの歯科診療所には、ここ最近おかしな患者が通ってきている。

身体改造愛好者であるタギー・ブッチャーは、診察のたびに「健康な歯」を抜いてくれと頼むのだ。

その日のタギーも、犬歯が痛むから抜いてくれとやってきて……。

歪んだ執着と支配欲。

叶わない思慕に隠された肉欲。

庇護欲からの独占欲。

この街はすべての欲を暴き出す。

それは、支配されることによって生まれる狂気の自由。

無法地帯で繰り広げられる、欲に満ちた獣たちの争い――。

S__31031327-48d256b4
  • https://amzn.to/3KZxDOb
  • 二一(著)伊藤モネ(イラスト)
  • 2021/12/10
  • 880
  • 対象
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事