むかしむかし、伝助という木こりが一株の紫陽花を助けたとさ。

木こりの伝助は、ある日、弱っていた紫陽花に水を分け与える。
後日、伝助の山小屋に訪れたのは――紫陽花の精を名乗る美しい青年。
彼は恩返しという名目で押しかけ、伝助の側にいることを望むが……?

純情木こり×嫋やか献身紫陽花が「めでたしめでたし」するまでを描いた昔話風・短編ボーイズラブ。

  • https://amzn.to/3fpsBxh
  • 佐竹梅子(著) 鵙(表紙)
  • 2021/03/15
  • 0円
  • ではない
※ここで紹介する作品のほとんどがkindle Unlimited無料読み放題対象作品です

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事